Subaru Nakamura(varu3)

note株式会社でSRE(エンジニア)をやっています。 麻雀とVTuberとビリヤニとサウナと登山、ゲーム全般が好きです。

Subaru Nakamura(varu3)

note株式会社でSRE(エンジニア)をやっています。 麻雀とVTuberとビリヤニとサウナと登山、ゲーム全般が好きです。

    マガジン

    • 技術系記事まとめ

      技術系の検証記事やらをまとめています

    • Mリーグ 2021シーズン記事まとめ

      Mリーグ2021について書かれたnoteをまとめています

    最近の記事

    オートスケールするGitHub Actionsセルフホストランナー環境 tornadeの紹介 〜多分これが一番安いです〜

    こんにちは、note株式会社でSREをやっているvaru3です。 この記事は note株式会社 Advent Calendar 2022 の1日目の記事です。トップバッターですね、よろしくお願いします。 はじめにみなさん、GitHub Actionsは利用していますか。 先日、Github actionsのコストパフォーマンスについて検討していた以下の記事が少し話題になっていました。 この記事のデータによると、単純な料金の比較ではFargate Spotを利用してセル

      • GitHub Actionsからslackへジョブの承認ボタンを送るslack-approvalを作成しました

        仕事でGitHub Actionsでちょっとしたワークフローを作るという要件があったのですが、GitHub Actionsのapprovalの仕様が少しややこしくてもう少しシンプルに、Slack上に承認ボタンを押すと後続のジョブが実行されて、Rejectボタンを押すとキャンセルされるようにできないかな〜と思って、自作のアクションを作ってみました。 設定方法はこんな感じ jobs: approval: runs-on: ubuntu-latest steps:

        • 奥穂高岳に登頂しようとしたけど、ずぶ濡れになって途中下山してきたのでポストモーテムを書く

          こんにちは、note株式会社でSREをやっているvaru3と申します。 概要は表題の通りです。システム運用では障害が起きてしまった際には、障害時の知見をため再発防止のためにポストモーテム(*)、いわゆる障害報告書を書く習慣があります。 今回は私の趣味である登山にて、いままでになく命の危険を感じる事態が発生してしまったので、ポストモーテムを書くことにしました。 自分自身の手で振り返ることで同じ轍は踏まないと肝に銘じることと、私以外にも趣味で登山やキャンプやアウトドアなどを

          • 自炊日記_2022/07/26

            クローズドな日記的なのを久々に書きたいなと思っていたら、ちょうどこのサークル(メンバーシップ)がすっかり放置されていたことを思い出した。 ので、久しぶりに何か書く。

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 技術系記事まとめ
            Subaru Nakamura(varu3)
          • Mリーグ 2021シーズン記事まとめ
            Subaru Nakamura(varu3)

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            観た映画の感想 ドントルックアップ、スーサイドスクワッド、フリーガイ、ミッチェル家とマシンの反乱

            年末にマトリックス・レザレクションズを観てから、なんかコンテンツ消費力(チカラ)が再燃してきたようで、今年に入ってからそこそこ映画を観るようになりました。 このTwitter投票のまとめを元にいくつか観たりしてたので、感想を書きます。   ドント・ルック・アップNetflixで配信されている話題作(劇場でも一部でやっているらしい)。なんとまあ、レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・ローレンス、メリル・ストリープという錚々たるキャストでお送りするブラック・コメディ映画でし

            ソフトウェア式年遷宮をやっていくぞ、という話

             つらつらっと技術ポエム第2段です。こないだ書いた記事が勢いよく書けて気持ちが良かった(自己満足)ので、今年はこういうポエムもアウトプットとして出せていけたらいいなと思う所存です。  弊社のSREチームではもっぱら昨年から、大規模なインフラ移設プロジェクトをやっておりまして、noteのエンジニアチームが2022年に向けて挑戦する、重要課題9選 という記事では「コンテナ基盤への移行を実施し運用効率化・省力化を実現」と、重要課題の一つとして挙げられております。(やったね)  自

            Kubernetes Custom Controllerの所感と使いどころ

            こんにちは、varu3です。年の瀬なので久しぶりに技術ポエムです。  11月に行われた、CloudNative Days Tokyo 2021 で行われた「Kubernetesオペレータのアンチパターン&ベストプラクティス」というセッションを見てから、Kubernetesオペレータに興味を持ち、自分でも調べながら簡単なオペレータをいくつか作ってみたのでKubernetesオペレータへ感じた所感と使いどころを自分なりに整理してみようと思います。 Kubernetesオペレー

            note社で「わくわくバ美肉ワークショップ」をやったよ

            こんにちは、note株式会社でSREをやっているvaru3です。久しぶりにnoteを書きます。先日、ちょっとしたワークショップを社内でやったのでその様子を紹介しようと思います。 ところで、この記事は noteのみんな Advent Calendar 2021の16日目の記事です。 どの記事も、社内の様子がわかる大変読み応えある記事でとても面白いので、気になった方はぜひ読んでみてください。 さて、本題です。最近ではVRやメタバースという言葉が盛り上がっているようです。

            退廃的な酒_20211125

            ・酒の話をします。昔から「退廃的な酒」が好きです。ここでいう退廃的とは「昔は本物を手に入れることが困難だったのでその味を無理やり再現したお酒」のことです。 ・具体的にはホッピー(ビール)とか電気ブラン(ブランデー)とか赤玉(ワイン)とかハイサワーとかのことです。 ・そういう酒を飲んで、なんというか酔っ払ってぐでんぐでんになることが ”本質” な気がしませんか。しないですか、そうですか、僕はします。 ・アルコールの “本質” は人間を酩酊させることです。これらの退廃酒って

            このつぶやきはマガジンを購入した人だけが読めます

            最近みた映画の話とか_20211118

            この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

            白馬山_20210731-20210801

            写真の記録です YAMAPだとこんな感じです 1日目 ロープウェイを登って上へ上へ 真ん中だけない道 雪渓を登っていくよ 最初のチェックポイントに到達 この日はあまり天気が良くなくて残念 花もゲンナリしている もうちょっと美味しそうに撮ればいいのに 期待していた稜線からの景色も何も見えなかった 一瞬の晴れ間のあと、またガスってきた 花が咲いたよ 再び晴れ間が差した 頂上が見えてきた、あと少し。 山頂だけ一瞬、晴れた。ラッキー。 雷鳥がお出迎えし

            鳳凰三山縦走_20210724-0725

            写真の記録。 YAMAP: https://yamap.com/activities/12337450 登りはじめの朝焼けが綺麗 地蔵ヶ岳山頂の御地蔵さん 鳳凰山のオベリスク(山頂の尖がったところ)がよく見える 稜線を歩くのが楽しい 石が積まれていた お腹が空いたので山頂で昼ごはん 雲海、ここは雲の上 稜線を歩く part2 俺たちの戦い(下山)はこれからだ

            オンプレサーバにGitHubActions SelfHosted Runnerを立ててAnsibleをlocalhostに向けて構成管理する方法が便利そうでした

            こんにちはvaru3です。 noteに技術系の記事が増えてほしいので、久しぶりに技術の検証記事を書きます! TL;DR・外からアクセスできないオンプレのサーバをGitHub Actions SelfHostedRunnerを利用してCI/CDで構成管理できるようにした ・SelfHostedRunnerのプロセスを立ち上げ、GitHub上からworkflowをkickするとlocalhostに向けてAnsibleを実行する、という仕組み ・Ansibleを実行するため

            平成_20210605

            • このように神カスタマーサポートのおかげでインターネット工事がだいぶ短縮された。数々の奇跡と人との巡り合わせ、そして運によりこの戦いはなんとか終わりそうである。 • しかしまだ戦いが完全に終わったわけではない。なぜなら6月に入り気温がどんどん上昇していき、すでに部屋にはエアコンがないと死にそうである。 • しかし、寝室にはエアコンがない。仕事部屋にはある。 • というわけで次は 引っ越し戦争part2 〜エアコン設置編〜が幕を開けようとしている。乞うご期待!もう引っ越

            不眠人(ふみんちゅ)_20210602

            この記事はマガジンを購入した人だけが読めます