Subaru Nakamura(varu3)

note株式会社でSRE(エンジニア)をやっています。 麻雀とVTuberとビリヤニとサウナと登山、ゲーム全般が好きです。

交換しない日記マガジン

みんなで日記を書き合うだけのマガジンです。

  • ¥100 / 月

第35話 楽しいお留守番

ママは100均の入浴剤がきらいです。

スキ
13

観た映画の感想 ドントルックアップ、スーサイドスクワッド、フリーガイ、ミッチェル家とマシンの反乱

年末にマトリックス・レザレクションズを観てから、なんかコンテンツ消費力(チカラ)が再燃してきたようで、今年に入ってからそこそこ映画を観るようになりました。 このTwitter投票のまとめを元にいくつか観たりしてたので、感想を書きます。   ドント・ルック・アップNetflixで配信されている話題作(劇場でも一部でやっているらしい)。なんとまあ、レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・ローレンス、メリル・ストリープという錚々たるキャストでお送りするブラック・コメディ映画でし

スキ
4

第34話 鎌倉殿の13人

同級生だと一方的に親近感湧きますよね。

スキ
17

初詣

こんばんは。 佐久間まゆちゃんのプロデューサーのhiroki_tanakaです。 冬休み毎日noteも最終日です。 たった6日間だったのに大変だった…120日間続けてた時の自分凄すぎでは…とい気持ちで一杯です。 彼女が実家から戻ってきたので、初詣に行ってきました。 別々に住んでいた時は都内の有名な神社(明治神宮や神田明神)に行くのが恒例だったのですが、今年は一緒に住んでいることもあり亀有の地元の神社:亀有香取神社に行ってきました。 開運厄除だけではなく、足腰健康という少

スキ
10

Mリーグ 2021シーズン記事まとめ

Mリーグ2021について書かれたnoteをまとめています

  • 21本

パイレーツ石橋選手の起用について思うところ

みなさん、こんにちは。noteは2022年に突入してから初めてですね。新年あけましておめでとうございます。今年も自由気ままに書いていけたらと思っているので、お暇な方はぜひ読んでいってください。 先日のおしえてパイレーツは、おやつタイムで存在しないカタカナのお菓子の名前が乱発して「みんなカタカナを適当に言いたいだけになっている」というカオスな状態になっておりましたね。今回のサムネイルは第25回おしパイの1場面から切り抜きさせていただきました。 【2022/01/08】おしえ

スキ
15

中盤戦を終えたMリーグ後半戦はセミファイナル争いが激しい!!

Mリーグデータレポート 概要Mリーグも60試合を終えました。 中盤戦を終えたところになります。 序盤は風林火山の独走で進んできましたが、中盤戦は風林火山の失速により1位から6位が大混戦状態になりました。 12月に入ってから風林火山は失速しました。 苦しい時期が続いていますが、序盤の貯金もあり4位でセミファイナル圏内にいます。 1位から6位は200点程度の差のため、1日で届くギリギリの射程範囲です。 200点の差の中に6チームがいるため毎試合順位が激しく入れ替わる面白い展開に

スキ
1

YRMO(やっぱり雷電の麻雀は面白いんです)!

Mリーグも4シーズン目を迎え、今度こそファイル!いやファイナルと意気込んでいた雷電ユニバースは多いはずです。なにせ2021シーズンは3連勝スタートでしたから。もちろん私もテンション上がりまくりでしたね。しかし、1月半ばでマイナス700ポイントと、とても苦しい状況に追い込まれています。 それでも、あえて今こそ言いたい。YRMO(やっぱり雷電の麻雀は面白いんです!)と。今回は、そう言える根拠を改めて述べてまいります。また、Mリーグで負けていることは悪なのかについても少し。雷電ユ

スキ
11

Mリーグ 考察 コナミ麻雀格闘倶楽部1

昨日もMリーグ面白かったですね〜 初戦は3人のプロが調子が上がってないプロ同士の対戦でしたね。 近藤プロ、村上プロ、萩原プロ、朝倉プロの対戦カード。 朝倉プロはこの卓で唯一、今期好調でしたか。 ここを制したのは近藤プロ。 今期調子悪かっただけにこの勝利は私も嬉しかったです。 2戦目は、 本田プロ、小林プロ、魚谷プロ、園田プロの対戦カード。 注目は雷電の本田プロと、調子が最近上がってきている小林プロですね。 本田プロに何とか意地を見せて欲しいと思いましたが、 最後見事に小林プ

スキ
3

技術系記事まとめ

技術系の検証記事やらをまとめています

  • 4本

ソフトウェア式年遷宮をやっていくぞ、という話

 つらつらっと技術ポエム第2段です。こないだ書いた記事が勢いよく書けて気持ちが良かった(自己満足)ので、今年はこういうポエムもアウトプットとして出せていけたらいいなと思う所存です。  弊社のSREチームではもっぱら昨年から、大規模なインフラ移設プロジェクトをやっておりまして、noteのエンジニアチームが2022年に向けて挑戦する、重要課題9選 という記事では「コンテナ基盤への移行を実施し運用効率化・省力化を実現」と、重要課題の一つとして挙げられております。(やったね)  自

スキ
16

Kubernetes Custom Controllerの所感と使いどころ

こんにちは、varu3です。年の瀬なので久しぶりに技術ポエムです。  11月に行われた、CloudNative Days Tokyo 2021 で行われた「Kubernetesオペレータのアンチパターン&ベストプラクティス」というセッションを見てから、Kubernetesオペレータに興味を持ち、自分でも調べながら簡単なオペレータをいくつか作ってみたのでKubernetesオペレータへ感じた所感と使いどころを自分なりに整理してみようと思います。 Kubernetesオペレー

スキ
10

Amazon Lightsailでコンテナが使えるようになったので検証してみた

こんにちは、varu3です。そういえばちゃんと報告をしていませんでしたが、今年の9月からnote株式会社でSREとして入社しました。今後ともよろしくお願いいたします 🙇 この記事は noteのみんな Advent Calendar 2020 の9日目の記事となります。 普段からnoteにもっと技術系の記事が増えればいいな〜と思っているので、アドベントカレンダーの中では空気を読まずに技術系の内容となります。恐縮です😅😅😅 この記事を書いていたら少々長くなったので要約すると

スキ
27

オンプレサーバにGitHubActions SelfHosted Runnerを立ててAnsibleをlocalhostに向けて構成管理する方法が便利そうでした

こんにちはvaru3です。 noteに技術系の記事が増えてほしいので、久しぶりに技術の検証記事を書きます! TL;DR・外からアクセスできないオンプレのサーバをGitHub Actions SelfHostedRunnerを利用してCI/CDで構成管理できるようにした ・SelfHostedRunnerのプロセスを立ち上げ、GitHub上からworkflowをkickするとlocalhostに向けてAnsibleを実行する、という仕組み ・Ansibleを実行するため

スキ
47